ステージタイガーへ

2018年11月19日

【ザキ有馬 出演】「メガネニカナウ4」11/27-12/3@in→dependent theatre 1st

スクリーンショット 2013-03-04 7.54.49.png

ザキ有馬がおメガネにかなった!?
実力溢れる俳優が集うオムニバス作品集に参戦します!


『メガネニカナウ4』
熱望に応えて今年もメガネニカナウは進化する!三本の贅沢な時間にニヤニヤが止まらない。


4E73A64F-74E5-4422-A667-C2B54E3C8878.jpeg80A89AFC-211C-44E1-9F5A-6988679847DB.jpeg

◆メガネニカナウとは
赤いメガネに低温ボイスの役者、上杉逸平がプロデュースする年末恒例になるべく企画した公演。
自身が出会ったご縁を繋いでバラエティーに富んだ演劇人達とコラボレーション!!

◆上杉逸平プロフィール
1971年1月22日生まれ。プロダクションイズム所属。年間10本前後の舞台に出演しながら某リゾートのCMでちょっと顔を知られる。
第2回黄金のコメディーフェスティバル優秀俳優賞受賞。


【日程】
2018年11月27日(火)〜12月3日(月) ※各回アフタートークあり
11月27日(火)19:00 ◆ 初日乾杯(と言う名のロビーで宴会・1ドリンク付)
11月28日(水)19:00 ◆ Aチーム楽屋トーク
11月29日(木)19:00 ◆ Bチーム楽屋トーク
11月30日(金)14:00 ◆ Cチーム楽屋トーク
11月30日(金)19:00 ◆ 男子キャスト楽屋トーク
12月1日(土)14:00 ◆ 女子キャスト楽屋トーク
12月1日(土)19:00 ◆ アフターイベントを踊りたがりの会に丸投げしてみる
12月2日(日)13:00 ◆ 恐怖の公開ダメ出し
12月2日(日)18:00 ◆ 千秋楽前夜祭(と言う名のロビーで宴会・1ドリンク付)
12月3日(月)13:00 ◆ 作演陣アフタートーク
12月3日(月)17:00 ◆ 小道具オークション(オークションで外れた方にはその場でサインプレゼント)

【会場】
in→dependent theatre 1st
IMG_7398.JPG
左上の青い劇場です。

【料金】
前売 4,000円
学生 2,500円
※初日と2日18時の回は1ドリンク付

【チケット取り扱い】
こりっち(ザキ有馬窓口)

演劇パス
https://engeki.jp/pass/events/detail/475

※1公演で以下の3つの演目とMC全て観る事が可能です。

◆作品
A『春は青いし、ココロハオトメ』
作・演:野村有志(オパンポン創造社)

~あらすじ~
ある日、全てを捧げた彼に捨てられた。
この後の記憶はあまりなくて、気付くと山でひとり。
私は泣いていた。
大量の猿に囲まれながら。
泣いてる理由が変わるほどに囲まれながら。

一匹の猿と、ひとりな私の日々録。

※2014年にテノヒラサイズで初演、
今年初旬に広島(脚本提供)でも上演された「テノヒラガエシ 」をタイトル・キャストを一新し、
改訂も加え堂々再上演。

~キャスト~
◆永津まな
◆飯嶋松之助(KING&HEAVY)
ザキ有馬(ステージタイガー)
◆さぶりな(IsLand☆12)
◆田米カツヒロ
◆上杉逸平
◆and more…


B『プアエスパ』
作・演:勝山修平(彗星マジック)

~あらすじ~
世界は止ん事なき事情で滅亡を余儀なくされた。
滅亡を忌避しようと国家民間問わず対策を講じるも虚しく時間だけが過ぎ往く中、
余り期待もされず注目もされず知られてもいない乍らも世界を救うため日々研鑽を重ねる超能力者達。
の中で超能力と呼ぶにもおこがましい微々たる能力しか持たない能力者、小能力者達は更に劣等感とも戦っていた。
容赦なく焼き付けられた役立たずという烙印、惨めなまま終わるかも知れない人生、振り返りたくない過去。
それでも彼らは自分達を信じ、今日も限りある貴重な日常を消費する!

~キャスト~
◆井路端健一(演劇集団ザ・ブロードキャストショウ)
◆亀山貴也
◆丹下真寿美(T-works)
◆鳩川七海(幻灯劇場)
◆米山真理(彗星マジック)
◆上杉逸平


C『V&R』
作・演:二朗松田(カヨコの大発明)

~あらすじ~
2045年。科学技術の著しい進歩により急激に発達した仮想現実。
人々は苦しい現実から逃れるように「blur」と呼ばれる仮想世界へと耽溺、24時間ログインをし続けている。
blur内で最も人気を誇るのが戦争サバイバルゲーム「ヴァルガー・アンド・ランペイジ」、通称「V&R」。
戦場へと飛び出していく多くの若者たち。死と再生を繰り返す中で彼らはその向こうに何を見るのか。
また、ロビーで駄弁ってるだけの奴らは一体何をやっているのか。
仮想と現実、ポリゴンと実体の間で揺れ動く若者たちの青春残酷ホラー戦争恋愛ヴァーチャル大活劇。

~キャスト~
◆河口仁(シアターシンクタンク万化)
◆浜口望海(STAR☆JACKS)
◆為房大輔(劇団ZTON)
◆東千紗都(匿名劇壇)
◆濱辺緩奈
◆梨田いづみ
◆上杉逸平

*三人の作・演による30~40分の短編作品を『山本香織のMC』と言う名の一人芝居で繋ぎながらトータル120~130分程度(アフターイベント含まず)で公演予定。

◆スタッフ
音響:八木進(baghdad cafe')
照明:西村洋輝
舞台監督:北村侑也
宣伝美術:二朗松田(カヨコの大発明)
映像:堀川高志(KUTOWANS STUDIO)
制作:渡辺大(Limited_Spice)

制作協力:窪田”R”秀夫
posted by ステージタイガー制作部 at 01:12| 【出演情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする