ステージタイガーへ

2016年03月01日

【梅田出演】演劇集団よろずや 第二十五回本公演『青眉のひと』3/13(日)東京公演@武田修能館 3/26(土)〜3/27(日)大阪公演@山本能楽堂

演劇集団よろずや 結成二十周年記念公演
第二十五回本公演『青眉のひと』

原案・演出:寺田夢酔
脚本:森美幸・寺田夢酔
image.jpeg

image.jpeg

<東京公演>
【日時】
2016年
3月13日(日)13:00〜/17:00〜
※開場:開演30分前/受付開始:開演1時間前

【チケット料金】
前売:4500円
当日:5000円
大学・専門学生:2500円
高校生以下:1500円
※全席指定席(座席番号は当日受付にてお伝えいたします)
※学生は要学生証。未就学児童の入場はご遠慮頂いております。

【会場】
武田修能館
(地下鉄・中野坂上駅/JR東中野駅)

【ご予約(東京公演)】
https://ticket.corich.jp/apply/70111/011/

<大阪公演>
【日時】
2016年
3月26日(土)14:00〜/18:00〜
3月27日(日)14:00〜/18:00〜
※開場:開演30分前/受付開始:開演1時間前

【チケット料金】
前売:3500円
当日:4000円
大学・専門学生:2500円
高校生以下:1500円
※全席指定席(座席番号は当日受付にてお伝えいたします)
※学生は要学生証。未就学児童の入場はご遠慮頂いております。

【会場】
山本能楽堂
〒540-0025 大阪府大阪市中央区徳井町1丁目3−6
image.jpeg
地下鉄中央線「谷町4丁目」駅下車、
(4)番出口より徒歩約2分

【ご予約(大阪公演)】
https://ticket.corich.jp/apply/70110/011/

【ストーリー】
明治・大正・昭和を生きた美人画の大家、上村松園(うえむら しょうえん)の評伝劇。
「まるで霞(かすみ)を食べ、霞を衣として生きている仙人のような生活をしている」
と、師である竹内栖鳳(たけうち せいほう)に例えられたことから、名づけてもらった画室「棲霞軒(せいかけん)」にこもって、ひたすら絵を描き続けた女流画家、上村松園の12歳から74歳までの画業人生を、家族や、師弟、画題に取り上げた歴史上の人物や物語の登場人物との心の交流を通して描く。

【出演】
竹田朋子
斉藤幸恵
寺田夢酔
濱辺緩奈
大津尚之
鈴木愛里沙
赤穂神惟

山本香織(イズム)
上杉逸平(イズム)
河口仁(シアターシンクタンク万化)
梅田脩平(プロジェクト コア/ステージタイガー)
山中彩子
田中尚樹(劇団そとばこまち)
前野誠二(リジュエ)

市川愛里(ニットキャップシアター)
福良千尋
川崎万里

【HP】
http://yorozuya1996.web.fc2.com/
posted by ステージタイガー制作部 at 01:00| 【出演情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする