ステージタイガーへ

2021年02月14日

【梅田脩平 出演】神様のカルテ 2/15 20:00-21:54

梅田脩平がちょこっと出ます

IMG_6045.JPG

神様のカルテ 特設サイトはこちら

『医師の話をしているのではない。人間の話をしているのだ』―良い医師とは何かを考え、患者と正面から向き合う、1人の若き医師の苦悩と成長を描いたシリーズ累計330万部を超える大ベストセラー小説「神様のカルテ」を、テレビ東京にて福士蒼汰主演でドラマ化!原作「神様のカルテ」「神様のカルテ2」「神様のカルテ3」「新章 神様のカルテ」計4冊の長編を、2時間×4話の計8時間という大型スペシャルドラマとして、2021年1月クールで放送いたします。
「24時間、365日対応」の病院で働く主人公・栗原一止(いちと)を演じるのは、今回がテレビ東京のドラマ初出演・初主演となる福士蒼汰。俳優生活10年目を迎えた今年は、爽やかなイメージから一転、ダークヒーロー役に挑むなど新境地を開拓し続ける福士が、一見風変りな心優しき内科医を演じます。福士は今回、初めての医師役となります。
物語の舞台は信州の一地方都市・松本。「24時間、365日対応」の地方病院で働く風変わりな医師が、 患者や恩師との別れ、地方医療の現実を経験し、「良い医者とは何か?」を追い求める軌跡を描きます。医療現場で患者と接する主人公たちの懸命な姿、真摯に“命”と向き合う姿を通して、“命の尊さ”、“人の優しさ”、“心のつながりの大切さ”を伝えていきます。

生きづらい時代の今だからこそ、人々の心に寄り添う物語を届けたい――
そんな想いを込めた、2021年冬にお送りする心温まる人間ドラマに、どうぞご期待下さい!
【あらすじ】
栗原(福士蒼汰)は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く内科医。ここでは常に医師が不足している。
専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事で、睡眠が3日取れないこともあるが、
妻・ハル(清野菜名)に支えられ日々の診療をなんとかこなしている。そんな一止に、母校の医局から誘いの声がかかる。
大学に戻れば、休みが増えハルと過ごす時間も増える。最先端の医療を学ぶこともできる。
だが、大学病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか?
“命”の現場で葛藤しながら生きる一止が出した答えとは…。
posted by ステージタイガー制作部 at 16:57| 【出演情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする